受講生インタビュー(趣味で学ぶ)



当教室では年数回、受講生へのインタビューや講師の自己紹介、中国語の表現などについて書いた「学院だより」を発行しています。ここでは趣味で中国語を習っている方へのインタビューをご覧になれます。

仕事で中国語が必要な方へのインタビュー 趣味で中国語を習っている方へのインタビュー


Gさん(某お菓子メーカー勤務)中国語学習歴:1年
趣味で学ぶ セミプライベートコース

 スイスで初めて中国語の授業を受けた時は、本当に初心者向けだったので最初の半年間は毎日ピンインをmā má mǎ màと発音していました。最初は40人くらいいたんですけど、だんだん減ってきて、7人しか残らなくて(笑)。次の半年は、もう少し本格的で、文章とか、自己紹介とかが入ってきて面白くなりました。 全文はこちら>>

Yさん(橋梁会社勤務)中国語学習歴:半年
趣味で学ぶ プライベートコース

 授業の度に新しい発見があるので、全体的に面白くてかなりはまっています(笑)。単語の組み合わせが自分の想像外の組み合わせで出てきたりするのが面白いですね。特に“卡拉OK”は、中国語になるとこういう表現に変わるのかと思ってかなりの衝撃を受けてツボにはまりました(笑)。
全文はこちら>>

Tさん(デザイン企画会社勤務)中国語学習歴:2年
趣味で学ぶ プライベートコース

 日本と同じ漢字を使っているのに、意味が違うのを見つけると楽しいですね。ああ、中国ではこういう意味なんだって。たとえば「手紙」と書いて「トイレットペーパー」とか、キャハッて思うじゃないですか(笑)。あと、声調が面白いですね、音楽みたいで。 全文はこちら>>


本科概要 企業のお客様 WEBレッスン 翻訳通訳 学割 HSk認定講座 文法相談室 受講生インタビュー 講師募集 リンク集 ブログ facebook facebook