中国で働く

「言葉は?」「実際の生活は?」
実際に中国で働いている先輩たちの体験談!


「中国で働いてみたい!」でも、「言葉は?」「実際の生活は?」 実際に中国で働いていらっしゃる方の体験談をお寄せいただいたので、掲載します。ぜひ、ご参考ください。
「もっと詳しい情報が知りたい」と思われた方は、インテリジェンス中国さんのHPをご覧ください。


中国サクセスストーリー パート②
今回も中国で実際に働いている方に、中国での仕事に興味や疑問を持っている皆さんの代わりに、いろいろ質問してみました。答えてくださったのは、弊社を通じて中国の深圳(シンセン)で働いている佐伯光也さん(仮名・42歳・男性)です。

質問: 中国で仕事をするとなると、まず「中国語を勉強しなければ」というのが真っ先に思い浮かびますが、佐伯さんの中国語学習歴はどの位ですか?

佐伯: 中国へ来てからの2年間だけです。仕事の都合で中国へ渡航してきましたが、それまでは全く中国語に触れる機会はありませんでした。



質問: なぜ中国で働こうと思ったのですか?

佐伯: 以前勤めていた上司の紹介で「エンジニアが足りないので、来てみないか?」と誘われたのがきっかけです。

質問: 今はどんなお仕事をされているのですか?また、仕事をするうえで、やはり中国語は必要でしょうか?

佐伯: 今は電子部品の製造会社に勤務しています。語学の必要性は仕事の内容によるでしょう。私の職場には通訳がいますが、中国語ができれば仕事もよりスムーズにはかどります。

質問: 実際に中国で暮らすことに、不安はありませんでしたか?

佐伯: 当時の私には中国に行きたいという願望がなかったので、中国語の勉強や情報面の収集が後手となり、渡航時は不安だらけでした。

質問: 仕事が終わってからや、休みの日はどんなふうにして過ごしていますか?また、生活面でも、中国に来てよかったと思うことはありますか?

佐伯: 日本と生活スタイルはあまり変わりません。買い物や外食、観光を楽しんでいます。
 生活面でのメリットは、やはり物価が安い事でしょうね。

質問: 最後に、中国での仕事を考えている皆さんに、何かメッセージはありますか?

佐伯: 皆さん非常に志の高い方々だと思います。いろいろと大変なこともありますが、達成したときの達成感は非常に大きなものになります。今後の皆様の中国での健闘を祈ります!




中国サクセスストーリー パート①

今回は、中国で実際に働いている方に、中国での仕事に興味や疑問を持っている皆さんの代わりに、いろいろ質問してみました。答えてくださったのは、弊社を通じて中国の深圳(シンセン)で働いている小沼梨香さん(仮名・30歳・女性・独身)です。

質問: 中国で仕事をするとなると、まず「中国語を勉強しなければ」というのが真っ先に思い浮かびますが、小沼さんの中国語学習歴はどの位ですか?

小沼: 初めて中国語を勉強したのは、大学の第二外国語です。何となく中国語を専攻したのですが、結局ほとんど会話力が身につかないままでした。
 大学卒業後、日本で電子部品の商社に就職して、2年目に営業部に配属になったのがきっかけで、中国へ時々出張するようになりました。
 多少中国語をかじっていたので、中国人との簡単な会話は何とかできるようになりましたが、それでは物足りず、日本で語学学校に通い、中国語力をアップさせる努力をしました。ちなみに、その当時受けたHSK(旧HSK)の結果は4級でした。

質問: なぜ中国で働こうと思ったのですか?

小沼: 入社3年目になると、中国語を勉強して、中国人と会話するだけでは物足りなくなってきて・・・。どんどん自分の中で、中国で仕事をしてみたいという気持ちが強くなったので、中国にある日系人材会社を探し、登録してみることにしました。




質問: 今はどんなお仕事をされているのですか?また、仕事をするうえで、やはり中国語は必要でしょうか?

小沼: 今は中国の深圳にある日系複写機メーカーで営業担当として働いています。

仕事でどの程度中国語が必要なのかは、働く会社によっても違うと思いますが、私の場合は、会社に日本語を話せる中国人社員が数名しかいないため、中国語はいやでも使わなくてはいけません。でも、現在の会社に入って、約半年が経ちますが、自分の中国語能力が上がっていることを実感できて、とても満足しています。

質問: 実際に中国で暮らすことに、不安はありませんでしたか?

小沼: もちろん、初めての中国での仕事、生活は不安もいっぱいでしたが、チャレンジの毎日でとても新鮮です。




質問: 仕事が終わってからや、休みの日はどんなふうにして過ごしていますか?また、生活面でも、中国に来てよかったと思うことはありますか?

小沼: 仕事以外では、中国楽器を勉強したり、日本人のテニスサークルに参加したり、英語学校に通ってスキルアップも目指しています!
 あと、日本で生活している時より、いろいろな国籍や年代の方々と幅広く交流が持てる点にも、刺激があって、とても充実していると感じます。

質問: 最後に、中国での仕事を考えている皆さんに、何かメッセージはありますか?

小沼: 皆さんが思い描いている中国のイメージと、実際の中国は大きく違います。実はとても発展していて、過ごしやすい国です。私も中国へ来る前は、古い中国のイメージを持っていました。来てみて、住んでみて、初めてその良さと成長の勢いを体感することができました。是非一度中国に来て、体験してみてください!




本科概要 企業のお客様 WEBレッスン 翻訳通訳 学割 HSk認定講座 文法相談室 学院だより 講師募集 リンク集 ブログ facebook facebook