本科概要



1レッスン1,745円(+税)~の本科。
大阪で中国語留学
しませんか?


 こんな方におススメの本科

・中国の大学に留学したい方
・中国で(または中国語を使って)仕事をしたい方


当学院の本科ならではの特長
①超少人数クラス→短期間でレベルupが可能!
 最大3人/1クラスの超少人数クラスなので、生徒一人一人に対し、きめ細かな指導ができます。また、一般的な10人以上のクラスに比べ、会話練習が多く、より実践的。短期間でのレベルupが可能です。例えば、初心者が本科セミプライベート半年コースを受講した場合、中検3級レベルを目指します。これは初心者が1年留学したレベルに相当します。

②留学・仕事、目的や目標に合わせたプラン!

 初心者の場合、本科セミプライベート半年(基礎・初級Ⅰクラス)を受講後、次の半年で初級Ⅱクラスを受講すれば、日本に居ながらにして1~2年留学したのと同じレベルに!これは中国語を使う仕事をしたい人が到達しておきたいレベルです。もちろん、初級Ⅱに進まず、中国へ留学してもOK!目的や目標に合わせたプランが組めます。

③社会人も安心!人数割れでも必ず開講!
 当学院の本科を利用する人は、ほとんどが社会人です。仕事を辞めて短期間で中国語を身に付け、自分のやりたい仕事に転職した人。本科修了後、より中国語を磨くために中国へ語学留学や学部留学した人。そんな社会人にとって困るのが、人数不足で開講されないこと。もちろん、学生さんも困るとは思いますが、中国語を本気で身に付けようと一大決心をして仕事まで辞めたのに、「人数が集まらなくて開講できません」では、途方に暮れてしまいますよね。当学院の本科は、人数割れでも(レッスン数は減りますが)必ず開講します。


短期間で留学以上の効果!の秘密
①常に「正しい発音」を指導。
発音、特に声調(四声)が違うだけで、全く別の意味になってしまう中国語。
 実用中国語学院では、生徒さんが発音を間違えるたび、何度でも直します。「何度も直されたら嫌になるんじゃ?」ご安心ください。発音指導のための厳しい研修をクリアしたネイティブ講師が、日本語で口の形から、舌の位置まで丁寧に指導。初心者はもちろん、発音に自信のない経験者でも楽しく練習できます


②たっぷりの会話練習と効果的なメソッド。
 超少人数ですので、会話練習がたっぷりできます。といっても、ただ会話をするだけではありません。
 例えば、生徒さんの答えが間違っていた場合、実用中国語学院では間違いを指摘しますが、正しい答えを直接には教えません。ヒントを与えながら質問を繰り返し、生徒さん自身が正しい答えにたどり着くよう導きます。
 会話のかたちで練習していきますので、緊張感はありますが、楽しさもいっぱいです!

③「中国語で考え、話す」が身に付く授業。
 誰もが憧れるのに、多くの人ができないのがこれです。
 実用中国語学院では簡単な短い文章でも、単語や、シチュエーションを変え、何度も繰り返し練習します。スポーツと同じで、基礎をしっかり固めるのです。すると、簡単な質問なら考えなくても答えられるようになります。また、分からない場合は「○○は中国語で何と言いますか?」と中国語で尋ねる習慣を早い段階から身に付けてもらい、講師も生徒さんも、日本語に頼らない授業にしています。
 このように、中国語でコミュニケーションをとるために必要な「中国語で考え、話す」が身に付くよう、授業にいろんな工夫をしています。


留学と本科。メリット・デメリット
①勉強と仕事を両立!本科◎
 日本にいながら、中国語で中国語を学ぶ。まさに「大阪で中国語留学」ができるのが、実用中国語学院の本科です。しかも、日本にいながらなので、勉強と仕事を両立することができます(中国では留学しながらバイトをするのは禁止されています)。

②留学の半分の時間で資格を取る!本科◎
 本科は超少人数な上、カリキュラムに「中国語検定試験」(中検)「HSK漢語水平考試」(HSK)の検定対策も組み込まれています。ですから、資格を取るまでの所要時間は、平均して留学の約半分です。
     実用中国語学院の本科生 中国留学 
 HSK 半年   3級~4級  
  一年   4級~5級   
  二年     5級
 中検 半年   3級  
  一年   3級~2級  
  二年     2級

③中国の国と人を肌で感じる!留学◎
 さすがに、こればかりは留学しないと分かりません。しかも、積極的に学校の外に出て、一般の人と交流するのが条件です。
 例えば、本校の講師に関しては、研修中はもちろん日頃から、礼儀について口うるさいくらい注意しています。そうしなければ、世界でも礼儀正しいと評判の日本人から見たとき、「失礼だな」と感じることが沢山あるからです。もちろん本人たちに悪気があるわけではなく、「中国の普通」と「日本の普通」が違うだけなのです。ですから、現地の中国人とは態度も声の調子も違います。
 同じように、留学先の学校の先生や職員、地域の人たちも、外国人慣れしています。ですから、「普通の中国人」を知るには、学校から離れたところまで出かける必要があります。
 留学する人はせっかくのチャンスですから、街に出ていろんな場所や人を見て、機会があれば話しかけてみて下さい。


コース概要
当学院の本科では、3つのコースをご用意。目的やライフスタイルに合わせてお選びいただけます。
なお、本科プライベートコースではご希望に合わせたアレンジも可能です。

本科セミ週5日
月曜から金曜まで、留学並みの密度の濃い授業を、短期集中で。
量・質・値段の全てにおいて、一番おススメのコース![詳しくはこちら]

本科セミ週2日
火木 or 水金 or 土日のいずれかで集中受講。
仕事をしながらでも、短期間でレベルUPが可能![ 詳しくはこちら ]

本科プライベート
マンツーマンで100レッスン/半年!
一人一人のレベルやご要望に合わせた、きめ細かい授業が可能。[詳しくはこちら]

本科生にインタビュー
本科で学習中の山田さん(仮名・本科セミ週5日・在学1年半)に、講師の陳が中国語でインタビュー。山田さんにも中国語で答えて頂きました(日本語字幕あり)。[ 動画はこちら ]
※現在山田さんは、某大手家電量販店で勤務。中国人観光客の多いそのお店で大活躍されています。
1年半で旧HSK6級に合格!そして留学へ。
元本科受講生の中村さん(本科セミ週5日・在学1年半)の、本科を受講した感想です。[ 本文はこちら ]

こちらもお見逃しなく!
ただ今のキャンペーン情報 [詳しくはこちら]
お得な給付金対象講座 [詳しくはこちら]
学生に嬉しい「学割」制度 [詳しくはこちら]


知っ得情報!
1.留学前に「本科」がおススメな理由
2.仕事と中国語

①留学前に「本科」がおススメな理由
 中国留学を考えている初心者や、専門学校で中国語を勉強しようと考えている社会人の皆さん。ちょっとお待ちください。そんな人には実用中国語学院の本科がおススメです。

 例えば留学。留学の良さは何と言ってもその国を肌で感じ、現地の人と会話ができる環境です。が、考えてみて下さい。初心者がいきなり留学しても、10~20人のクラスで発音練習から始めることになるのです。皆で声を合わせて発音の練習をしても効果はありませんし、先生が一人一人の発音を聞いてくれることは滅多にありません。あったとしても、自分の番が回ってくるまで、じっと待たなければなりません。最初の半年は、現地の人どころか先生やクラスメイトとも中国語での会話はほとんどできない状態です。
 
 ですから、留学の良さを生かすには、正しい発音と中検3級(HSK4級)レベルの力を付けてから留学するのが一番なのです!そうすれば先生やクラスメイト、現地の人との会話を通して、より自然で流暢な中国語へとブラッシュアップすることができるでしょう。ちなみに、中検3級レベルになるには、初心者の場合留学で約1年かかりますが、実用中国語学院の本科なら約半年で到達できます。

 また、専門学校だと他の教科も勉強しなければならないので、中国語だけが必要な人にとっては、やはり理想的とは言えません。こういう人にも、中国語だけに特化した実用中国語学院の本科はおススメです。
 
②仕事と中国語
 中国語は第一言語としての使用人口が最も多く、英語の4倍になります。また、言語の経済力を数値化した「言語総生産(GLP: Gross Language Product)」でも英語に次いで第2位で、2012年の統計では15%を占めています。しかも、この比率は年々高くなり、国際通貨基金(IMF)の予測値では2018年に20%になると言われています。日本と中国語圏との経済的な連携が深まる中で、中国語は日本経済にとって益々不可欠な役割を担っています。



 また、中国・台湾・香港などからの観光客数は、2013年の訪日外国観光客数の40%を占め、(出所:日本政府観光局)今後さらに増えると期待されています。海外だけでなく、日本国内においても中国語は大きなビジネスチャンスを生み出す重要な外国語となっています。
 中国語で責任ある仕事をしたいなら、必要とされる最低のレベルはHSKの5級といわれています。留学で二年くらいかかるといわれるHSK5級を、当学院では一年程度で取ることが可能です。中国語圏の厖大なビジネスチャンスをしっかり生かすために、今から一年をかけて中国語力をしっかり身に付けておくのが将来への大きな資本となります。


本科概要 企業のお客様 WEBレッスン 翻訳通訳 受講生インタビュー 学割 HSk認定講座 文法相談室 講師募集 日本語コース・日語課程 リンク集 中国語あれこれ ブログ facebook facebook